石原 俊治この度、岡山大学の岡田裕之教授の後任といたしまして、一般社団法人日本消化器内視鏡学会中国支部長を拝命いたしました。伝統ある本学会の支部長に就任させていただき、誠に光栄に存じますとともに、中国支部の会員の皆様方には心より感謝申し上げます。

昨年からは、新型コロナ感染症拡大という未曾有の事態が続いており、学会運営も様々な点で影響を受けています。コロナ禍で支部例会やセミナーをご担当された先生方におかれましては、誌上やWebなど、様々な工夫をされながら無事に開催されましたことに敬服しております。今後もコロナ禍での支部例会やセミナー開催が続いていくと想定されますが、支部といたしましては、会長の先生方とご相談させていただきながら、より有意義な新しい形での開催方法などについても模索していきたいと考えております。

また、支部の予算につきましては、従来の支出に加えまして、若手の人材育成や女性医師の活躍をサポートできるような企画への支出も考慮していきたいと考えております。本件につきましては、あり方委員や幹事の先生方をはじめ、支部会員の皆様方からご意見をいただけるような環境作りに努めてまいります。 

微力ではございますが、今後の中国支部のさらなる活性化と発展に少しでも貢献できればと考えております。今後も一層のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年7月1日

島根大学内科学講座(内科学第二)

石原 俊治